CPUの選び方

MENU

Core i5かCore i7がおすすめ!

パソコンには高性能なものから低性能なものまで様々なものがあります。性能が変わる大きな要因がCPUです。CPUはパソコンの頭脳と呼ばれています。CPUが高性能ならパソコンが高性能になるのです。

 

だから安いからといって低性能なCPUを搭載したパソコンを選んでしまうと、本当に後悔してしまいます。でもBTOパソコンなら色々なCPUを選べます。どのCPUにするべきなのか、正しい選び方を解説していきます。

 

CPUの性能を比較

現在BTOパソコンに搭載されているCPUの多くはINTEL製です。コスパが良いので世界中で人気があります。ではINTEL製のCPUの性能を比較してみましょう。

 

  • Core i7
  • Core i5
  • Core i3
  • Celeron

 

今は上記の4つが搭載されています。Core i7が最も高性能で、Celeronが最も低性能です。もちろん価格もこの順番です。私がおすすめしたいのはCore i5とCore i7です。このどちらかなら大丈夫です。サクサク動いてくれる素晴らしいCPUです。

 

逆にCeleronだけはやめておいたほうがいいでしょう。小型で激安なノートパソコンに搭載されていることが多いのですが、あまりに性能が低く、使っているとイライラするかもしれません。世界中で酷い評判です。

 

ゲーム用ならCore i7

Core i5かCore i7かは用途によって選びましょう。特に重い動作をさせる予定がないのであれば、Core i5で充分です。安いのにとても快適に動いてくれると評判のCPUです。

 

オンラインゲームや動画編集のように重い処理をさせるならCore i7がおすすめです。ゲーム用のBTOパソコンを買う人は多いですよね。みんなCore i7を選んでいます。グラフィックボードとの相性も良いので人気です。

 

特にCore i7-4790とCore i7-4790Kの人気は群を抜いています。ゲームのベンチマークスコアも引き上げてくれるため、快適にプレイできます。これよりも高性能なCore i7のCPUはコスパが悪いのでおすすめしません。