おすすめの映像編集用BTOパソコン

MENU

GeForceか、それともQuadroか

昔は映像編集といえばプロがするものでした。アマチュアでもせいぜい同人誌のためにPhotoShopやイラストレーターを使うくらいでした。でも時代は変わりました。MMDの流行により多くの人が映像編集をするようになったのです。

 

2Dにしても3Dにしても容量の大きなデータを扱うには、ハイスペックPCが必要不可欠です。素材の読み込みやエンコードに時間がかかっているようでは作業効率が落ちるからです。そこで映像編集に特化したBTOパソコンをおすすめします。

 

GeForceとQuadroの違い

グラフィックボードといえばGeForceかRadeonかと思うかもしれません。でもそれはゲーム用の話です。映像編集や動画編集ならGeForceかQuadroの二択になります。それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

 

GeForceはオンラインゲームで人気なことからわかるように、3Dにとても強いグラフィックボードです。ゲームもしたいし、動画もしたいし、MMD作成もしたい・・・ならGeForceがおすすめです。

 

Quadroは2Dにも3Dにも強いグラボです。しかも決定的に違うのがソフトへの最適化です。Quadroは各映像編集ソフトに最適化されているため、PhotoShopやCADが高速に動作します。そういう意味ではプロ用と言えるでしょう。

 

映像編集用BTOパソコンを比較

ドスパラ、マウスコンピューター、パソコン工房にはクリエイター向けパソコンがあります。それぞれどんな違いがあるのか比較をしながら、おすすめモデルをご紹介します。

 

ドスパラ Raytrekシリーズ

種類が豊富なのはドスパラです。3DCG、動画編集、映像配信など幅広い目的から、あなたにぴったりの映像編集用BTOパソコンが見つかります。それぞれの目的に応じてQuadroをGeForceを切り分けているのが良いですね。

 

デスクトップばかりではありません。ノートも揃っています。レンダリングを高速化する仕組みも搭載されているので、まず最初にドスパラのBTOパソコンをチェックするのがおすすめです。

 

 

マウスコンピューター

あなたがプロ、あるいはプロを目指しているならマウスコンピューターのクリエイター向けパソコンがおすすめです。なぜならマウスコンピューターには実績があるからです。

 

あのタツノコプロでも使用されています。他にもプロの3DCGデザイナーや有名MMD作成者、代々木アニメーション学院などでも使われているので圧倒的な信頼性を誇ります。

 

 

パソコン工房 AEXシリーズ

人気BTOメーカーのパソコン工房にも映像編集用パソコンがあります。ただ、種類が少ないですね。詳しくないと逆に迷ってしまいます。GeForceではなくQuadroに統一されているのでちょっと高額です。

 

だからパソコン工房よりもドスパラとマウスコンピューターをおすすめします。趣味ならドスパラ、プロを目指しているならマウスコンピューターを選ぶのが良いと思いますよ。