BTOメーカーの選び方

MENU

一番安いBTOメーカーはどれ?

「こんなBTOメーカーを選ぶんじゃなかった!」と後悔しても後の祭りです。もうどうしようもありません。10万円以上のBTOパソコンを買うのに失敗するなんて最悪ですよね。

 

そんな事態を避けるためにも良いBTOメーカーを選んでおきたいものです。でも良いBTOメーカーって一体何でしょうか?私が考えるBTOメーカーの選び方を解説します。買う前に読んでおくことをおすすめします。

 

商品が豊富なこと

BTOメーカーの絶対条件として欠かせないのが商品の豊富さです。例えば「GTX780グラボを搭載したBTOパソコンを買おう」と思ったのに、BTOメーカーになかったら何の価値もありません。

 

商品の豊富さは信頼性にも繋がります。「BTOパソコンが少ない=小規模なBTOメーカー」です。大手のBTOメーカーのほうがサポートが充実していることは間違いありません。

 

安いこと

BTOパソコンのメリットは安いことです。でもBTOメーカーによって同じパーツを搭載していても価格が結構違います。小規模なBTOメーカーの価格が高く、大規模なBTOメーカーのほうが安い傾向があります。

 

大規模なBTOメーカーは海外から大量のパーツを仕入れます。10個買うよりも100個買ったほうが、1個あたりの価格は安くしてもらえます。だから完成品のBTOパソコンも安く販売できるという仕組みです。

 

サポートがしっかりしていること

BTOパソコンは消耗品です。いつかは壊れます。故障率はどのBTOメーカーも大差ありません。しかし壊れた時の対応に差が出ます。多くのBTOメーカーは1年無料保証を付けています。それすらないBTOメーカーは選ぶべきではありません。

 

もしも心配なら有料の3年保証に申し込むのもありです。壊れたらBTOメーカーにパソコンを送るだけです。あとは新品のパーツと交換してくれて、送り返してくれます。修理の早さも大手BTOメーカーのほうがしっかりしています。

 

で、どのBTOメーカーがおすすめなの?

ここまで読んだあなたはBTOメーカーの選び方を身につけました。上記の条件をクリアするBTOメーカーはマウスコンピューター(G-Tune)とドスパラだけです。他のBTOメーカーは高額だったり、商品が少なかったりして微妙です。

 

ドスパラとマウスコンピューターを比較した場合、マウスコンピューターのほうが確実に安いです。特に人気にミドルスペックゲームPCは1万円以上の差があります。また、ノートパソコンの多さもマウスコンピューターが上です。ドスパラはデスクトップに偏っています。