BTOパソコンを静音化するために必要なもの

MENU

ハイスペックでも静かになる!

パソコンに関する悩みを調べてみると、意外と音に関するものが多いことに気付きました。なるほど、五月蝿いパソコンなんて使いたくありませんよね。もしも夜中に付けっぱなしにしたらうるさくて眠れなくなります。

 

ではパソコンの音を小さくするためにはどうすればいいのでしょうか。すでに購入済みのパソコンを静かにするには知識が必要ですが、今からBTOパソコンを買うなら簡単なカスタマイズで静音化を実現できます。

 

静音ファンに交換する

あなたがこれからBTOパソコンを買おうとしているなら、購入する前にカスタマイズ画面に注目してください。必ずファンを交換できます。実はパソコンの騒音はファンが原因になっているのです。

 

特に熱がたまるパソコンの背面は、いつもグルグルとファンが回っているため、うるさく感じることがあります。でも静音ファンに交換するだけで、とても静かになります。しかもカスタマイズ代金は安いため、とてもおすすめです。

 

SSDを追加する

BTOパソコンにはHDDが搭載されています。きっとあなたが今使っているパソコンにもHDDが入っています。でもHDDは騒音の原因のひとつです。HDDは物理的にガチャガチャと動いて読み書きをするため、音を発してしまうのです。

 

そこでおすすめしたいのがSSDです。SSDはHDDよりも高速なことにばかり注目されていますが、静音化できるメリットもあります。データを読み書きしても全然音がしません。

 

BTOパソコンならHDDからSSDに交換するのではなく、SSDを追加しましょう。するとSSDのほうにWindowsを勝手にインストールしてくれます。メインで使う方をSSDにすれば、自然と静かになります。

 

水冷は静音化にならない

もしかすると「静音化のために水冷クーラーにしよう!」なんて思っている人もいるでしょう。残念なことにそういう情報をあちこちで見かけます。しかし水冷クーラーで音が静かになるのは真っ赤なウソです。

 

水冷クーラーも結局、循環液を冷やすためにラジエーターを動作させるので、ファンの音とほとんど変わりません。だから水冷クーラーにするくらいなら、上記のように静音ファンに交換したり、SSDを追加したりするのがおすすめです。